>

ちょっと変わった自動販売機

名古屋の不思議な自動販売機

通常の店舗よりも割安で、人件費もかからない便利な自動販売機だからこそ活用しだいで売上アップが期待できます。
最近ネットではちょっと変わった自動販売機が話題になっています。

名古屋市中区大須3丁目に設置されている「だし道楽」という自動販売機が販売しているのは2種類の「だし」です。
ペットボトルにジュースのように出汁が入れられて並べられています。
昆布入り味と昆布とあご入り味があり、昆布とあご入り味の方にはペットボトルの中に一匹まるまる魚の「あご」が入っています。

実際に買ってみた人の感想では、大変美味しいらしくリピーターも続出しているようです。
名古屋で売られているのだから、名古屋のお店が設置したのかと思えば、実は広島県にある醤油メーカーの会社が設置したとのことです。

支店を出すよりも手軽に販路拡大できる

自社の商品を自分の店舗以外で売るにはどうすればよいでしょうか。
デパートやスーパーで扱ってもらえるならば、そこと提携して販売してもらえばよいでしょうが、なかなかそう簡単にはいきません。
自社でやろうとするならやはり店舗を構える必要があるでしょう。
それにはかなりの資産と人件費が必要になってきます。
もし失敗してしまったら、多額の損害になるでしょう。

しかし、自動販売機であれば店舗を構える十数分の一の金額で設置できますから失敗しても損害はないでしょう。
もちろん扱える商品に「自動販売できるもの」という制限はありますが、今は様々な自動販売機の機械がありますから、考えている以上に扱える商品の幅か大きいかもしれません。


SHARE!